バイアグラ服用時の注意点

バイアグラ服用時の注意点

バイアグラの使用は医師の診断を受け、正しいの飲み方を守っていさえすれば大きな問題が起こることはありませんが、それだけで安心というわけではありません。

服用時には他にも知っておかなければならないことが色々とあります。

ここではバイアグラを適正に使用するためにも、特に注意しなければならない点を紹介していくことにしましょう。

【バイアグラ服用時に狭心症の発作を起こした場合】

今まで狭心症と診断されたことがない人でも性行為中に狭心症の発作を起こしてしまうことはあります。

これはバイアグラを使用(服用)したから狭心症を誘発してしまうということではないので、あらかじめその点については誤解のないようにしてください。

性行為はマラソンと変わらないくらいの運動量が必要となってくるので、心臓に多大な負担をかけることとなります。

ですから知らない間に心臓が弱っているということも考えられますし、加齢による心配機能の低下も考えられます。

ということでバイアグラを使用するしないに関わらず、性行為中に狭心症の発作が起こることは十分考えられるというわけです。

そこでバイアグラの発作時に忘れてはならないのは、バイアグラを使用したことを医師にチャンと申告しなければならないという点です。

バイアグラは狭心症の発作を抑える硝酸剤との併用が厳禁です。

ですから申告しておかないと硝酸剤が使用される危険性があり、症状をさらに悪化することになってしまうので本当に注意が必要なのです。

【服用後副作用が酷いと感じた場合は直ぐに医師に相談を】
 
バイアグラは全く副作用がないよいう薬ではありませんが、ほてりやのぼせ、めまい、胃痛、腹痛、鼻づまりなど軽症の副作用が認められています。

しかし、中にはその症状が重く、決して軽症と言えるものでない副作用が出る場合があります。

そんな場合はそのままにしておかずに直ぐ医師に相談するようにしてください。

バイアグラの副作用は有効成分であるシルデナフィルの血管拡張作用によって引き起こされるのですが、その効果の表れには個人差がありますので、人によっては深刻な副作用が出ることも考えられます。

特に4時間以上もの持続勃起が起こった場合は、勃起機能の喪失ということにもなりかねないので本当に注意が必要です。

少しでもおかしいと感じたら直ぐにバイアグラの服用を止めて、必ず医師に相談するようにしてください。

まだまだ注意しておかなければならないことはありますが、バイアグラ使用時に少しでも疑問がれば、直ぐに担当医師に相談しましょう。

バイアグラに対する知識を豊富にすることが安全でより効果的な使用するためへの一番の近道です。

これで大丈夫と思わずに、バイアグラに興味を持つことから始めてみましょうね。
 

参照サイト: バイアグラの通販及び個人輸入と正しい服用方法について
 

次のページへ: EDとは何ですか?